カテゴリ:日々のこと( 98 )

安藤明子

あんちゃんがNHK-FMに今夜出ます!
あんちゃんは娘の同級生です。
PM11からやってますよ
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-28 23:13 | 日々のこと

琵琶湖ツーリングその2

c0210943_10295651.jpg

M君愛煙の煙草と沖島に停泊中の渡船
しょうもない事が
妙に楽しい おバカなおっさんたちの
珍道中は続く
c0210943_10422613.jpg

島の神社から港を望む
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-25 10:59 | 日々のこと

琵琶湖ツーリングその1

c0210943_213010100.jpg

沖島へのカヤックツーリング
行きから北西の風のなかをなんとか出発
船酔いしそうなうねりを越え
沖島へ到着
c0210943_21354031.jpg

ぶらり島内めぐり
まるで海辺の漁村
しかし潮の香りがしない
新しい感覚を覚える光景
帰りは琵琶湖特有の風
うねりが増し波と風に翻弄されながら
ヘトヘトになりながら着岸
自然を侮ってはいけませんね
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-23 21:45 | 日々のこと

初秋

c0210943_23233627.jpg

あんなに暑かった夏も
いつの間にか後姿を見せ
時折振り返る
ここは琵琶湖 水ヶ浜
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-18 23:33 | 日々のこと

廃村探検隊その2

c0210943_2158123.jpg

かなりの規模の土石流が起きたのだろう
とても上流とは思えない
樹々は土石に埋もれている
もっと川幅は狭く
渓谷であったと思われる
c0210943_222229.jpg

堆積した中に
さざれ石を見つけた
崖が崩れ流出したものだろうか
鈴鹿山系は興味深いところである
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-17 22:08 | 日々のこと

廃村探検隊その1

c0210943_1915961.jpg

 写真中央が橋、豪雨によって両側がえぐられている
いしぐれトンネルを抜け滋賀県側へ
程なく茨川という看板が見えてくる
そこから未舗装路を道なりに進む
しばらく車を走らせると
洪水で林道は行き止まり      
いよいよ茨川村の入口だ
ここからは徒歩で村の中へ
川を渡り進む
450年程前から昭和40年に
最後の村人が離村するまで
電気が灯ることがなかったという
今は分教場と最後の村人の家
そして神社が、確かにこの奥山に
人々の営みがあった事を伝える
建物の基礎や井戸が寂しく
苔むしている
c0210943_23223619.jpg

村人の声が聞こえてきそうな
そんな歴史を念う探検でした
c0210943_19283593.jpg

豪雨による土石流で鳥居の三分の一程が埋まっている
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-17 19:29 | 日々のこと

今宵も名月

c0210943_2362429.jpg

月あかりをさえぎる雲も無く
今宵の明るいこと
秋の夜長に何を想うかな
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-13 23:13 | 日々のこと

懐かしい

c0210943_22313545.jpg

今日、四日市の昭和という
写真集が届きました
これはその中の一枚(昭和42年)
国道1号線を北から撮っているのがわかる
バスは近鉄四日市駅へ右折しようとしている
左におまわりさんの監視塔がある
子供のころ母さんとバスに乗り
車窓から見えた景色である
ページをめくるたび
自分の生きた年月を思う
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-13 22:40 | 日々のこと

十五夜お月さん

c0210943_214134100.jpg

今日は十五夜
お菓子を求めて
玄関先を巡る
子供達の声がする
何の気なしに
昔から続く行事

何とも不思議な光景
あたりまえの様に
月は光を受け
その姿を見せる
宇宙という
不可思議なものと
お菓子という現実
このギャップが
いとおかし
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-12 21:40 | 日々のこと

熱中症は何処へ

c0210943_22551161.jpg

九月になるや
茹だるような暑さが
ウソのように秋の足音が
聞こえてくる
我が家のアサガオは
あまりの変化に
青ざめているようだ
夜は窓を閉めて
風邪を引かないように
[PR]
by mori-hinokio | 2011-09-06 23:01 | 日々のこと