「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ひのきお座員海外派遣( 29 )

特派員レポートvol.ラスト

c0210943_21583189.jpg

無事に帰国いたしました。いや、食あたりの胃腸炎なので無事にとは言い切れませんね。
皆様、文章力及ばずでしたが、22日間に渡る特派員レポート楽しんでいただけましたでしょうか。
貴重な場をお借りさせていただき、誠にありがとうございました。

今回の海外旅行で一番印象に感じたこと。それは、”日本が恵まれた裕福な国”であるという事実。
是非、この事をもっと強くかんじてください。
私たちの当たり前の暮らしは、世界にとってはまったくもって当たり前のことではありません。
*砂漠の大地は夏期に気温50℃を過酷な環境、散水機なしには育たない植物達。
#日本の豊富な水・一面に覆われた緑の山々・四季ある穏やかな気候は当たり前ではありません。
*レバノンはシリア内紛の影響から受給電力が減少し、停電が頻繁に起こり、常時エレベータや
温水シャワーが使えないことも。
#日本の電気が不自由なく使える毎日は当たり前の生活ではありません。
*ゴミのポイ捨ては日常茶飯事・交通モラルはなきに等しい・接客対応の不届き。
#日本人のもつ道徳心や相手を思いやる優しさ、物事への心配りや気遣いは当たり前の感覚ではありません。
*日本の車に乗り、日本の電子機器を使い、日本の食品・飲料水を口にしていた数多くの外国人達。
#日本が世界マーケットを相手に戦えるのは、価値ある商品を生み出せるという本質があってこそ。
その技術があるということは当たり前の感性ではありません。

身の回りの存在を当たり前ではない存在として、今一度、向き合ってみてはどうでしょうか。
新しい価値観が生まれるかもしれません。
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-21 22:25 | ひのきお座員海外派遣

特派員レポートvol.21

c0210943_6401159.jpg

日本への帰路についてます。
ベイルート(レバノン)→ドバイ(UAE)→昆明(中国)→上海(中国)→名古屋(日本)のルートです。
往路は昆明以外で一定期間滞在していたので、なんてことはなかったですが、ノンストップの復路は
かなりハードです。
夜、機内で星空を見ていると、流れ星を発見、お腹の調子も若干ながら回復の傾向にあり。
この旅が始まったのが8月29日、まるで異次元にタイムスリップでもしていたかのようです。
非日常の新鮮な毎日に身を投じていたため、瞬く間に時間が過ぎていきました。
帰国後、脱け殻になりそうで心配です。

この貴重な経験を糧に自分自身の未来を築いていこうと思います。
9/20am04:43着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-20 06:54 | ひのきお座員海外派遣

無事帰還

先ほど、ススム君から無事セントレアに着き、検疫も無事通過したと連絡がありました。
お腹の調子はまだ完全ではないようですが、おかしな病気ではないようで安心しました。
最終レポートが送れてない分が二個あるよで、後ほど送るとのことです。
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-19 22:00 | ひのきお座員海外派遣

帰路

先ほど、22:24ドバイに着いたと連絡がありました。
相変わらずの下痢ピーらしい。
乗り換え時間が長過ぎます〜。とのメッセージ。
なんとか大丈夫そうです。
次は何処で乗り継ぎなんだろうか?
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-18 22:57 | ひのきお座員海外派遣

特派員レポートvol.20

c0210943_22352535.jpg

レバノン最終日。一日中寝てました。
昼食に外出したのみ、ギルバートに手厚く看病してもらってました。
昨日から下痢ピーが止まりません。摂取している量よりも、出て行ってる量の方が明らかに多いとは
一体どういうことでしょう。
まさかの食あたりな訳ですが、旅の途中ではなく、フリー予定の最終日だったのが不幸中の幸い。

そんな中、別れの時。ギルバートに感謝の気持ちを伝え、男臭くハグし合ってきました。

日本からこれほど離れた地に友達がいるなんて、なんだか素敵です。
嫁のパメラさん・娘のゾーウィちゃんと共に幸せな家庭を築いていって下さい。

またお互いの国に遊びに来る約束をして、さよならです。

see you soon.
9/18 21:53着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-18 22:48 | ひのきお座員海外派遣

特派員レポートvol.19

c0210943_15394371.jpg

フェニキア人発祥の地ビブロス遺跡へ行ってきました。
アルファベットのルーツでもあるフェニキア文字も、この地で生まれたんだとか。

とまあ、素敵なお話をお届けしたいのは山々なんですが、今日は一日中腹の調子がおかしいです。
なんか変なものでも食ったかな?
永遠と液状のものしか出てきません。
冗談抜きでヤバいです。
一先ず手持ちの正露丸を服用。
更に頭痛と腰や手首・肘関節が痛いんですよね。
大事をとって寝ます。おやすみなさい。
9/18am00:57着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-18 15:49 | ひのきお座員海外派遣

特派員レポートvol.18

c0210943_721398.jpg

世界遺産、バールベック。
壮大なスケール感で迎え入れてくれました。
ジュピター・ビーナス・バッカスを祀る世界有数のローマ神殿遺跡です。
キリスト教の教会やアラブの要塞として使われた史実がある地でもあります。

帰る途中、和歌山ナンバーの原付や、日本の建設会社・ホテル名の入ったバスやトラックを
ちらほら見かけました。恐らく、廃業した際に日本から転売されたものでしょう。
え?和歌山?こっちは浜松?八尾グランドホテル?といった具合で不思議でした。

一路、ザハレというまちへ向かい、ギルバートの同僚と食事会(昼食)。
机に並びきらない程の食事の量に驚きました。これがレバノン流だそうです。
アラブ料理のルーツはレバノン料理が根底にあるそうです。
レバーの煮込みや、カラスミのような魚卵、幾種類もの生肉などと日本に似た味の
料理もいくつかありました。とっても美味しかったです。

その後、ワイン会社の御曹司の自邸でワインテイスティング会と言いますか、
ほぼワイン飲み放題の状態。
吐かずに済んだので良かったです。
c0210943_7415831.jpg

9/16pm19:28着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-17 07:42 | ひのきお座員海外派遣

特派員レポートvol.17

c0210943_792868.jpg

本日、バチカン市国より教皇ベネディクト16世がレバノン来訪です。

平和の巡礼者として、シリアをはじめとした中東の平和を望まれていることでしょう。
がしかし、そのおかげで幹線道路は封鎖され、ブシャーレからベイルートへの帰路にて
信じられない程の大渋滞が発生。これもまた旅の思い出。

首都ベイルートにて友達のギルバートと合流後、誕生日パーティーへご招待いただきました。
いかにも海外といった様子のパーティーで、多くの人に日本への関心を持ってもらえたことでしょう。
日本人であることが誇らしいです。
6/16pm18:39着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-17 07:20 | ひのきお座員海外派遣

レバノンから生レポート

今、ベイルートからスカイプでの現地レポートが届きました。
彼は今、ベイルートへ戻り、前出の友人ギルバート君の自宅に居ました。
ギルバート君ともお話をしました。
外の風景を中継してもらいました。さすがに地中海に面した国らしい光景が広がってました。
ギルバート君お世話かけます。
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-14 23:08 | ひのきお座員海外派遣

特派員レポートvol.16

c0210943_19321115.jpg

プジャーレ三日目。
今日はなんの予定もなく、気ままにのんびりしてました。
昼前に起床、衝動的に遠くに見える教会を目指して歩き始めてもました。
 そこら中に葡萄や林檎、いちじくの樹があるので、つまみ食いしながらのお散歩。
熟してそうでもどれも酸っぱかったです。

市場に寄り、ホテルに帰ってきたかと思えばビール(レバノン産アルマーザ)を片手に
ロビーで堂々と昼寝。
外のテラスで陽射しを浴びながら昼寝、二回戦。
スローライフと言うより、ただのぐーたらです。
気付けば夕刻、辺りは霧に包まれ、何も見えません。恐るべし山岳地帯。

昨晩、仲良くなったシリア人と今からシーシャ(水タバコ)行ってきます、ではでは!!
9/14am02:47着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-14 19:44 | ひのきお座員海外派遣