「ほっ」と。キャンペーン

特派員レポートvol.21

c0210943_6401159.jpg

日本への帰路についてます。
ベイルート(レバノン)→ドバイ(UAE)→昆明(中国)→上海(中国)→名古屋(日本)のルートです。
往路は昆明以外で一定期間滞在していたので、なんてことはなかったですが、ノンストップの復路は
かなりハードです。
夜、機内で星空を見ていると、流れ星を発見、お腹の調子も若干ながら回復の傾向にあり。
この旅が始まったのが8月29日、まるで異次元にタイムスリップでもしていたかのようです。
非日常の新鮮な毎日に身を投じていたため、瞬く間に時間が過ぎていきました。
帰国後、脱け殻になりそうで心配です。

この貴重な経験を糧に自分自身の未来を築いていこうと思います。
9/20am04:43着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-20 06:54 | ひのきお座員海外派遣
<< 嵐のつめあと 無事帰還 >>