特派員レポートvol.18

c0210943_721398.jpg

世界遺産、バールベック。
壮大なスケール感で迎え入れてくれました。
ジュピター・ビーナス・バッカスを祀る世界有数のローマ神殿遺跡です。
キリスト教の教会やアラブの要塞として使われた史実がある地でもあります。

帰る途中、和歌山ナンバーの原付や、日本の建設会社・ホテル名の入ったバスやトラックを
ちらほら見かけました。恐らく、廃業した際に日本から転売されたものでしょう。
え?和歌山?こっちは浜松?八尾グランドホテル?といった具合で不思議でした。

一路、ザハレというまちへ向かい、ギルバートの同僚と食事会(昼食)。
机に並びきらない程の食事の量に驚きました。これがレバノン流だそうです。
アラブ料理のルーツはレバノン料理が根底にあるそうです。
レバーの煮込みや、カラスミのような魚卵、幾種類もの生肉などと日本に似た味の
料理もいくつかありました。とっても美味しかったです。

その後、ワイン会社の御曹司の自邸でワインテイスティング会と言いますか、
ほぼワイン飲み放題の状態。
吐かずに済んだので良かったです。
c0210943_7415831.jpg

9/16pm19:28着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-17 07:42 | ひのきお座員海外派遣
<< コラボ作品 特派員レポートvol.17 >>