「ほっ」と。キャンペーン

特派員レポートvol.14

c0210943_19115912.jpg

ギルバートも仕事があるので、昨晩から離れて、一人、レバノン北部カーディーシャ渓谷のまちブシャーレへやってきました。
タクシーで片道100ドル、二時間ちょいの道程だったので、まあ良しとしましょう。
日本で例えるなら軽井沢のような地とでも言うのでしょうか?
気候は凛と涼しく、自然が溢れ、メルヘンな断崖絶壁の風景が広がっております。
ここはキリスト教色の強いまち、教会がいくつもあり、マリア像があちらこちらに。
時折、響く鐘に和田アキ子を連想してしまいました。
教会の広場で子供たちに囲まれ、どっから来たのかなどと質問攻め。
めっちゃ元気なんですけど!
アジア人の旅行者ですれてないと言いますか、ヒーローのように出迎えてくれます。

ここブシャーレでのーんびりとスローライフを送るとします。
9/13am05:07着信
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-13 20:54 | ひのきお座員海外派遣
<< 特派員レポートvol.15 特派員レポートvol.13 >>