特派員レポートvol.8

c0210943_2216856.jpg

今、ホテルのミュージッククラブでイスラム御法度のお酒を飲んでいます。
ビールうま!ステラアルトワとヒューガルデン、アムステルライト、気分は何故かベルギー・オランダです。目の前でドレス姿のパキスタン人が踊り散らかしてます。
 本日、ホテルを変え、のんびりしてました。お昼タイム。起きれば夜の七時、恐らく結構疲れてます。起床後、気の向くままに空港近くのショッピングモールへ。
何故かアラブなのにインディアン調のTシャツを買ってみました。
夕食は野菜不足解消のため食品店でサラダとパスタ。
お寿司は結構高かったので諦めます。そろそろ日本が恋しいということです。

ここUAEで不思議でならないのはUAEご当地人に出会ってないということ。
旅行者以外に出会う人は、たいていインド・ネパール・バングラディシュ・パキスタンといった方ばかり。石油王は僕がいるような所には現れないということでしょうか。
ここが中央アジアの出稼ぎ場であることは間違いないでしょう。

この街を例えるなら、規模こそ小さいものの、東京マイナス汚い所。
東京の綺麗な部分のみをフォーカスしたような街。

憶測ではあるが、この地は発展が急速だったため、なにもかもが比較的真新しい。かなりアーバンな
構想計画に基づいている気がする。
駅はすべて無人運転で、駅のデザインはすべて同じ統一感ある流線型の金色。
建築群はガラス張りのカーテンウォールや湾曲した主張の強いフォルムが多くを占めている。
 あるマスタープランの元に短期間で急発展してきたことがわかります。
建築デザインやグラフィックデザイン共にかなりハイクオリティを感じます。
つまりそれは、駄目なものが少ないということ。好き好みはあれど、手を抜いたものが少ないのでは
と考えさせられます。 日本の地方にも各個人がこだわりあるデザインハイクオリティを!

9/6pm18:36着
[PR]
by mori-hinokio | 2012-09-06 22:46 | ひのきお座員海外派遣
<< 特派員レポートvol.9 スカイプ >>