特派員レポートvol.1

c0210943_1929081.jpg

ひのきお座員 トマリ ススムが座長 森のおっちゃんに代わりまして
中国、UAE,オマーン、レバノンの珍紀行を、連日に渡りお送りしたいと思います。

本日は四日市を遠く海側から望む形で中部国際空港から上海へ出立。
ガイドブック、地図も持たずに無謀にも上海上陸。
お陰様で、たくさんの中国の方に支えられ、なんとか辿り着くことができました。
が、しかし地下鉄内モニターやニュースでは尖閣諸島問題が露骨に報道されています。

ホテルや屋台で日本人と名乗ると、シケた顔の人もいました。island! island!と言う方までも。
しかし、気さくに笑顔で振る舞ってくれる方ももちろんいます。

結局のところ、お国柄ではなく人柄なのだと痛感します。
外交問題や他国批判のセンスは抜きにして、自分自身は人に恥じない生き方でなければとアホになり考えるのであった。

今、テレビで旧日本軍が中国軍を攻めている内容の映画が放送されています。
初日から、こんな複雑な悲しい気持ちにさせられるとは、というのが本音です。
[PR]
by mori-hinokio | 2012-08-30 07:33 | ひのきお座員海外派遣
<< 特派員レポートvol.2 久しぶりのカヤック >>